ブログトップ

Rock'n★RO!!

rokkennro.exblog.jp

わふーよりもにゃー。ROAlvitr鯖で活動中。キワ・ヤマトのRO&歌ブログ

カテゴリ:BORODER BREAK漂流記( 5 )

f0202961_4595440.gif


第三採掘島から旧ブロア市街地へとMAP変更されましたね。

という事で急遽、第三採掘島MAP攻略を後に回して旧ブロア市街地MAP攻略に移ります。
(また時間のある時に第三採掘島MAP攻略を書こうと思います)

さて旧ブロア市街地ですが、最近はスナイパー&支援をメインに動いているAKIだったり。

市街地ならではの入り組んだ道の連続、いつの間にか敵機に後を取られていたなんてザラです。

しかし裏を返せば相手に奇襲を仕掛けるのが楽で、追われても建物裏に隠れれば振り切れる。

市街地の利点と弱点をしっかりと把握しておかないと辛いMAPだといえるでしょう。

【旧ブロア市街地のメリット/デメリット】

≪メリット≫

建物が所狭しと並べられているので隠れたり隠密行動を取るのに適している。

建物の大きさや高さ、MAPの構造をしっかりと把握していれば数で押されても容易に覆せる。

ロックされても建物に隠れて外したり、建物上からの銃撃や剣での強襲、攻め手には好都合な戦場。

また、重火力型の榴弾砲や強襲型の手榴弾などは範囲が広い為、入り組んだ市街地では被弾し易い。

敵ベースへ向かい際、必ず三つの橋のどれかを渡らなければならないが、死守できず必ず穴が空く。

自ベースのカタパルトから飛んだ先の丘で、敵ベースの自動砲台やレーダー施設を狙える。(要スナイパー

≪デメリット≫

建物が多い為、一度敵を見失うと見つける&追いつくまでが難しい。

敵に押されると逃げ場を見つけるのに苦労し、結果追い詰められて撃墜される。

範囲の広い攻撃が来ると、範囲外まで回避する&距離を取り辛い。

三つの橋はどれも開けて見え易いが、全ての橋を死守するには絶対的に数が足りない。

入り組んだMAP上、重火力やスナイパーは戦果が上げ辛く、軽量の強襲などに食われる事もしばしば。


このMAPはとにかく建物が多く、敵を見つけ辛いので持続的な偵察が勝利のカギとなるでしょう。

どのプラントのリペアポットも見つけ易い場所に設置されてる為、相手からすれば良い的になってしまう。

しかしながらこのMAPは、軽量強襲型が恐ろしく強くなるとは思います。(軽量装備の人を大多数確認

軽量のジャンプ力や瞬発力が脅威ですね、捉えるのも一苦労、くわえてこのMAPの構造です。

軽量で自己修復できる支援型とかもかなり強いんじゃないかなー、スネーク/偵察/回復の三重奏。

最初にスナイパーで敵ベースの施設を破壊→支援型や強襲でスネークしてベースへ攻め込むなんてね。



まだ2~3度ほどしかしてないので発見できる事は多そうです、そんなAKIはB5で進んだり戻ったり。

思うに、ガンガンランクを上げるよりも、ギリギリのランクでアイテム集め&パーツ作成をしていた方が良い気がしてきました。

Aランクぐらいになるとほとんど化物みたいな人達ばっかりなので、こうして事前準備を進める俺はチキン。

必要なパーツ&武装を吟味し、作成してからAランクを目指し、腕を磨こうと思います。

ていうか最近スナイパーにハマってます、良いぜスナイパー、ヘッドショットの相手の吹っ飛び具合とかね。

相手からもレーダー施設狙えるけど、そこは方向を考えてシールド張って防衛。

他にもシールドを設置してから別の所から狙撃したりと、自分なりに試行錯誤しながら狙い撃ってます。

真っ先に自動砲台とレーダーを破壊して、その後支援型でジリジリ近づく戦法、味方の回復も忘れない。

偵察機がもう少し増えたらなぁ、3回はさすがに少ないと思いません?リペアポット乗っても補充されないし。
[PR]
by rokkennro | 2009-12-01 05:32 | BORODER BREAK漂流記
f0202961_2292891.gif


現在はこの新MAPで固定されている、将来的にはランダムか自分でMAPを選択できる・・・と信じたい。

俺の主観ですが、左側のベースから開始するとほぼ負け試合になる。逆に右側だと勝ちフラグ成立。

このMAPでは、重火力型と支援型の独壇場らしい、強襲型ばっかり使ってる人(俺)は正直しんどい。

しかし強襲型が光れないMAPというわけでもないので、自分のメイン型で頑張って戦法を練ろう。


左側ベースのメリット/デメリット

【メリット】

左側ベースに向かう場合、Cプラントから少し登って行かなければならず、地の利がある。

ベース付近が市街地という点から敵を見つけ辛いが、入り組んだ市街地は逆に袋叩きにしやすい。

Cプラント付近が主戦場であり、Bプラント制圧が容易な左側ベースだとBプラントから復活すると
戦線復帰が楽。

ベースの自動砲台の塀に乗れば、スナイパーならば給水塔まで銃弾が届き、相手のスナイパーを狙える。
(相手のスナイパーが給水塔に登っていればの話)

【デメリット】

とにかく右側ベースに攻め込み難い、Cプラントで攻防を繰り広げている間にベースが攻撃されてたりする。

Bプラントから戦線復帰は楽だが、相手もそれを読んでいるので榴弾砲がよく飛んで来て隊列を乱される。

ベース付近が市街地になっているので、一度敵を見失うと探し出すのに時間がかかる。

スナイパーだと給水塔から左側ベースの自動砲台が狙えるので、気がつくと自動砲台が潰されてたりする。

【左側ベースまとめ】

主に防衛し易い地形であり、相手の進軍をいかに食い止めるかが勝利へのカギとなる。

Bプラントを相手に落とされると相手に攻められる一方なので、Bプラント防衛も勝利への道。

Cプラントで攻防を繰り広げつつ、BプラントからDプラントへ攻め込むのがオーソドックスな戦法。

支援型の偵察情報を見つつ、相手の動向を探りながらCプラントからDプラント、BプラントからDプラント、
どちら側から攻め込むかを考える必要があるだろう。

つまりは支援型の仕事はCプラント付近&給水塔側のルートの偵察が必須となり、偵察するならば
そのポイントを抑えれば良い仕事になるだろう。

給水塔へ登る為には、左側ベースだとどうしても相手に発見され易い、スナイパーを使うならばある程度
自分がスナイパーを使う時に陣取る位置を決めておいた方が良いかもしれない。


ちなみに俺は右側ベースの場合C制圧後は給水塔側からBプラント強襲、そこで敵を引き付けて
ある程度の時間が立ったらCプラントから踏み込むorBプラント制圧という流れ。

給水塔付近はコンテナが多数陳列しているので、それに隠れながら進軍&マーシャルで闇討ちしてます。

現在はB5ランクになり、もうすぐ始めての認定ミッションに触れる事になります。

基本的に強襲型を使って、マーシャルでぶった斬り&マシンガン連発&手榴弾ポーイ。

やっとSCとブーストを織り交ぜてのダッシュ斬りに慣れてきました、状況次第では剣から銃への早期変更も。

次回は右側ベースのメリット/デメリット、次々回では双方のメリット/デメリットを織り交ぜてのMAP攻略です。
[PR]
by rokkennro | 2009-11-29 03:13 | BORODER BREAK漂流記
冗談は時に行き過ぎると鋭利な刃物に変わるのよ!

生徒会の一存風に始まりました、今回の日記、特に生徒会の一存に拘る気はありません。

でも面白いですね、全員がボケで全員がツッコミというのは中々に楽しい。

さてさて、今回は強襲型の武装に関してがメインです。

俺ことヤマトが自分なりに編み出した対抗策を書こうかなと思います。

ではまずメイン射撃となる【マシンガン】から行きましょう!

マシンガンと言っても種類が違えば性能も当然変わってくる。

例えを上げるなら以下のような事があります。

【弾数は多いけどリロード時間が長い】(主に威力が低いマシンガン)
これはバラまけるけど、いざ弾切れになりリロードするとなると、そのリロード時間が長い。

【弾数は少ないけどリロード時間が短い】(主に威力が高いマシンガン)
こちらは弾数を減少し、威力を高めたマシンガン、当然弾数が少ないのだから弾切れが早くリロードも早い。

腕のパーツ次第では、そのリロード時間を縮める事も出来ますが、今回はその点などは除外。

【マシンガン対抗策】

マシンガンの基本は【継続的なダメージ】であり、バズーカやショットガンなどの大ダメージ武装ではない。

したがっていくら威力が高くても、それを集中的に当てられなければ意味は無いですよね。

BBのシステム上、ターゲットロックをしていても照準が合っていなければ撃った弾も疎らになり当たり難い。

そこがマシンガンに対抗する為のヒントがあったのだと最近気付かされました(遅っ


状況にもよりますが、1対1(強襲型VS強襲型)の状況での話とします。

相手はこちらにマシンガンを放ち、こちらはステップを(例えば右に)踏んで弾丸を回避。

次に自機がステップした方向とは【逆の方向】(左)にステップを踏む。

相手は照準を合わせようとこちらの動いた方向に照準を持ってくる。(弾を当てたいから当然このようになる)

*相手は中心から右へ照準を流し、自機は右から左に回避する事で再度照準を合わせる時間を稼ぐ。

弾丸の軌道をしっかりと見ていれば歩いてでも回避可能、多少歩いてブースト回復を行ったりする。

左右に自機をステップさせる事で弾丸を回避し、相手の照準を狂わせる事ができます。

そこでタイミングを合わせ、斜め右前方にステップ→斜め左方向にステップと距離を縮めていく。

相手はだいたい後退か左右どちらかにステップを踏もうとしますが、立場上こちらの方が有利になる。
(追い詰める側と追い詰められている側という観点から有利になる)

自機が左右にステップを踏んでいる間も敵機に対してマシンガンを出来るだけ当てれるように。

斜め前方にステップを踏んでいる間も出来るだけダメージを稼ぎ、さらに相手を追い詰める。

これがマシンガンに対しての俺の対抗策です。分かりにくいとは思いますが・・・・w

マシンガンは継続的なダメージ武装、ならば弾丸一つ一つの威力は対して高くは無い。

被弾を恐れず、かつ自機のHPを気にしながら詰めれる場合は詰め、退く場合は潔く退く。


1対1の状況でマシンガンの撃ち合いになると、この動きがけっこう役立ってくれます。

斜め前方にステップして距離を縮めたら、マシンガンからブレードに変えて攻撃するのも一つの手でしょう。

もし敵機の数が途中から増えたり、味方が加勢してくれた時ならばさらに動きが変わります。

敵機の数が増えたら潔く後退(グレネードを投げたり応戦しながら)して体制を立て直しましょう。

味方が加勢してくれた時は味方と動きをあわせてクロスファイアに持ち込み、さらに追い詰める&撃墜する。

一番重要なのは【落ち着いて相手の動きを見る】事でしょう、相手も人間なので必ず付け入る隙はある。

という事でツラツラと流し書きしましたが、もし分かり辛い点があればコメントにて質問お待ちしております。

現状C3→C1へクラスアップ、でも周りの腕についていけずすぐ撃墜されるので大変ですわ・・・・
[PR]
by rokkennro | 2009-11-22 02:30 | BORODER BREAK漂流記
今日BORODER BREAK(以下BB)をプレイしてきてランクがC3になったヤマトです。

やっとスーパーチャージャーの使い方にも慣れてきた所でね、主に移動で。

腕としてはまだまだヒヨッコレベルなわけですが、それでも多少は進歩している・・・と信じたい。

武装の切り替えもう問題ないLvになりましたが、まだまだボタンミスが多い。

また、戦闘での武装の選択がまだまだ甘いなぁと思います、状況判断的なね。

俺ことヤマトは主に強襲型>銃器型>狙撃型>支援型の割合で活動してます。

BBをプレイしていない人にとっては「強襲型って何?」と思われるでしょう、そんな人の為の説明。

*俺の体感というか感想も混じっての説明なので、色々と誤植があるかもしれない点はご了承下さい。

<強襲型>

臨機応変に戦えるバランス型、器用貧乏になるかどうかは本人の腕にかかっている。

ゲーム開始して進軍する時に最も効果的な戦果を上げれる機体。

機動力の良さで敵軍をかく乱、プラントの占領などを行うのに最適。

武装は近~遠と範囲は広いが、どの武装も慣れが必要ではあるものの、基本的に扱い易い。

≪武装≫

↑ 銃(マシンガン)

近~中距離で活躍できる武装、遠距離からでも当てれない事は無いが威嚇程度。

マシンガンなので撃ち続けていると銃身がブレて、標的からズレてしまうので注意が必要。

しっかりと相手をターゲットロックして照準を合わせてから撃とう、ロックしてないとバラけるので威嚇にもなる。

またしゃがみながら撃つと精度がUPするので、チャンスがあるならしゃがみ撃ちを狙うと良い。

銃や腕の種類によってはリロードが遅いので、弾数ゲージが残り1や2なら撃ち切ってリロードするのも良い。


← 剣(ブレード)

至近距離用の武器、威力は絶大で種類によっては一撃で相手を撃墜する事も出来る。

敵機との距離が近く、狙っていけるならこれを使うのも一つの手だろう。

ただしダッシュ状態だと前方にダッシュしながらの回転切りとなる、通常は右から左下への袈裟斬り。

ダッシュ斬りはブーストゲージを大きく消費するので、スカしたら狙い撃ちにされるので十分ご注意を。

ターゲットロックが無く慣れるまではスカしたり、相手にダメージを与えれないまま撃墜してしまう事もある。

ブレードは加速装置(スーパーチャージャー)との連携がカギを握ると言っても過言ではない。

通常斬りや相手を追い詰めるダッシュ斬り、ブーストと加速装置を上手く切り替えて使っていこう。


→ 爆弾(グレネード)

投擲用の遠距離武装、弧を描く軌道で一定時間後に爆発、周囲に敵味方関係無くダメージを与える。

相手がプラント防衛をしている時に使えばかく乱に、進軍しようとする敵軍に使えば足並みを崩せるだろう。

注意すべきは【敵味方関係なくダメージを与える】という点、使い方を間違えると味方にも被害が及ぶ。

敵軍と自軍が交戦する場面で、敵軍に投げたりするのが基本的な使い方だろうか。

空中でも爆発するので、爆発するまでのタイムラグを上手く計算すれば相手が逃げる前に爆発させれる。


↓ 加速装置(スーパーチャージャー以下SC)

強襲型の名に恥じぬ武装、SPゲージを消費しながら猛スピードで突き進める。

この武装については【ブーストゲージを消費せず】に【SPゲージを消費する】点に注目して頂きたい。

SC使用中は【ブーストゲージが回復】していくので、ブーストゲージが少なくなってきたらSCに切り替えて

進軍を早める事が出来る。また、SCはもう一度設定する事で解除する事が出来るので覚えておこう。

SCは使い切らず、ギリギリまで使ってから解除すると、チャージ中で使えない!という危険が回避できる。

また、SC起動中に剣で攻撃すると【強制的にダッシュ斬り】になるので注意が必要になる。

しかし、それをブーストとSCを上手く切り替える事で剣を有効に使う事も出来るので頑張って慣れよう。

【まとめ】

強襲型は使いやすいが、どの武装も平均的な性能なので慣れるまでは意外と戦果が上げれない。

慣れるまでの期間はそれほど長く無いと思うので、機体に慣れたら次は武装という具合に使いこなそう。

一番扱い易い機体でもあり、攻めや防御も出来るのでぜひ愛用して頂きたい。
[PR]
by rokkennro | 2009-11-20 14:45 | BORODER BREAK漂流記
f0202961_114187.jpg


*公式より抜粋。

つーわけで、最近ですがBORODER  BREAKをプレイし始めましたヤマトです突貫せよ!!

いやー、俺としてはこういうアーケードゲームは金を取るだけで面白くないという先入観があったんですがね。

以外や以外、これが中々に面白かったです、侮っちまったぜ。

とりあえずこれだけじゃなんなので、チョロチョロっと補足というか説明をば。

f0202961_1275684.jpg


*公式より抜粋。

左手でグリップを、右手でマウスを操作する形式、ちなみにグリップは固定されてて動きません。

普段ROでマウスを使い慣れているので、これなら楽勝じゃね?と思っていたんですがそうでもなかった。

中でもマウスの側面についている【Cボタン】やグリップの側面についている【アクションボタン】が難しい。

咄嗟に武器を切り替えようとして【Cボタン】を押せなかったり。

ジャンプボタンと間違えて【アクションボタン】を押してしまったりと散々でした。

この辺りはプレイしていれば次第に慣れてくれるでしょう(実際慣れ始めた)。

しかしこのゲーム、右クリックでターゲットをロックしてもマウスで敵機を捕捉しないと弾が当たらない。

ロックしないよりはロックした方が良い、という本当にちょっとした補正程度のターゲットロック。

近接武器を装備するとロック自体が無くなり、もはや体感でしか相手に攻撃を当てれないという。

同じようなゲームでいえば【アーマードコア】が近いのではないでしょうか。

f0202961_148289.jpg


*公式より抜粋。

ちなみに画面右上のGPというのが残りコイン数、これが0になると対人しててもゲーム終了となります。

このゲームは1コイン250GP、3コイン、5コインからボーナスGPがつき5コインで30分ぐらい楽しめます。

向かいの画面左上の数値が時間、これは本来の対戦時間を表示しています。


そしてこのゲーム、対戦結果によってもらえる素材の数が変動する。

素材は武器や機体のパーツ作成に必要で、対戦をしていれば必ず1個は貰える仕組み。

オンライン対戦では、敵味方問わず総合、個人の成績によって順位が決定する。

味方の中でも順位が決められますが、総合で順位が高い方が素材の習得数がUPします。

このゲームで一番【これは無いだろう】というシステムが【武器やパーツを作る際にGPを消費する】という点。

俺が一つ武器を作った際に消費したGPが250、1コインで1武装はちょっと酷いんじゃない?

もしこれが、武器のランクが上がるにつれて消費GPも増えるとしたら、俺は初期装備のまま突き進みます。

とりあえず2k程つぎ込んで、最初のランクから1~2程度上がって終了。

1ランク上がったら即効オンライン対戦に以降されるので、慣れない間は最下層ランクでポイント稼がず

練習し続けるのも有りなのではないでしょうか。金はかかるがオンライン対戦だとガチで腕が必要になります。

ちなみにキャラ名は【AKI】で【熱血系男キャラ】です、もし見かけたら逃げてください、俺も逃げます。

これから金があればやっていこうかなと思いますが、さてさてどうなることやら。

【以下よりレス】

>>れびさん

ほぅ、100m稼ぐと。色々と美味しいカードが出ているにも関わらずまだ稼ぐと!!

僕はもう、君だけは許せない。

>>ティトさん

あ!どうもどうもティトさん!!いや呼んではいませんが空気読んで頂いてありがとうございます!!

これからもコメント、お待ちしておりますよ(キリッ
[PR]
by rokkennro | 2009-11-17 01:55 | BORODER BREAK漂流記